通販利用でスピード配達できるアンシンのクスリ屋サイト

自然発生しないSTD


自然発生する事はない性感染症、いわいるSTDに関して確認しましょう。

基本的には性行為、または類似行為でうつると言われています。

感染菌やウイルスの種類、病名と発症する箇所を把握して起きましょう。

中には症状が出にくい疾患や、無症状の性病もありますので、検査する基準になります。

その潜伏期間にも、数日から数ヵ月、中には数年に至るまであります。

それぞれの治療法や、対処内容は医師に相談の上、適切な処置を施しましょう。

まず、感染している場合に、病原菌の存在が考えられる場所です。

性器周辺では、亀頭、包皮、陰茎、尿道、外陰部、膣、子宮頸管などが挙げられます。

また、尿や精液、膣分泌液、おりものにも、異変が無いかの注意が必要です。

その他は、肛門直腸、口腔ですが、目や肝臓にも血液や細菌を、通してうつしている事もあります。

中でも、口腔内の粘膜や唾液により、キスだけでも感染の原因となる場合も要注意です。

具体的な、性病はHIV、クラミジア、淋菌、梅毒、トリコモナス、カンジダ、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、A型、B型肝炎、赤痢アメーバなどです。

ブツブツ、イボ、ただれなどの、症状がある場合はすぐに検査し、抗生物質で対処しましょう。